ダイエットを楽しもう|無理をせずに痩せられる

痩せてキレイになる

ウエストを測る人

太りにくい体になる

太り過ぎは美容の大敵ですから、食事制限や運動によるダイエットを実行している人がたくさんいます。自己流ダイエットは思い立った時にすぐに始めることができますし、余計な費用もかかりません。いわゆるダイエットフードを買い込んだりトレーニングジムに通ったりすればそれなりの費用がかかることになりますが、1円も費用をかけずにダイエットすることももちろん可能です。ただし、自己流ダイエットにはリバウンドのリスクがつきまといます。食事制限や運動で減らすことができるのは、脂肪細胞の数ではなく容積です。細胞の中にため込まれている脂肪を消費して脂肪細胞の容積を縮小させる効果しか得ることができませんので、割りと簡単に元の状態に戻ってしまいます。特に気をつける必要があるのが、リバウンドの発生です。ハードな運動や食事制限でギリギリの状態にまで痩せ細らされた脂肪細胞は、次に自分の元にやってくる栄養分を今か今かと待ち構えています。ダイエット開始前よりも脂肪をため込みやすい状態になっていますので、少し気を抜いただけで激しいリバウンドが起こり、以前よりも太ってしまう可能性が高いです。そうなりたくないのであれば、単に脂肪細胞の容積を減らすのではなく、脂肪細胞の数自体を減らして太りにくい体になることを目指す必要があります。それを実現することができるのが、美容外科の痩身治療です。東京には痩身治療で確かな実績を残している美容外科クリニックがたくさんありますので、東京在住の人が太りにくい体になりたいと望んでいるのなら、一度受診してみるとよいです。他の患者の視線が気になるという人が少なくありませんが、東京には完全予約制や完全個室制のクリニックがたくさんありますから、あまり神経質になる必要はありません。

太るメカニズム

先程少し触れましたが、人間の体の中には脂肪細胞というものが存在しています。脂肪細胞は、摂取されたエネルギー源がその日のうちに消費されなかった時に、そのエネルギー源を脂肪の形に変えて一時的に蓄えておく役割を担っています。平和な時代に生きていると、お腹が空いても食べ物が何もないといった状況に陥ることなど滅多にありませんが、万が一そのような状況に陥ったとしても、脂肪細胞があるおかげで人間は生き延びることができます。なので、脂肪細胞そのものは悪者でも何でもないのですが、必要以上に食べ過ぎて脂肪細胞をパンパンに膨れ上がらせてしまう人には目の敵にされてしまっています。脂肪細胞はとても柔軟性に富んでおり、元の大きさの30倍近くまで膨らむことができます。脂肪細胞の数自体は思春期以降ほとんど変化しないのですが、大きさはいくらでも変わるため、太り過ぎで悩む人が出てくるというわけです。ですので、確実に痩せたいと望んでいるのなら、脂肪細胞の数を減らす治療を受ける必要があります。命にかかわるような病的な肥満は例外的に疾患の一種として取り扱われますが、単なる太り過ぎは疾患扱いされないのが普通です。したがって、見た目をよくするために脂肪細胞の数を減らす治療を受けたい場合は、美容外科クリニックを受診する必要があります。幸いなことに、東京には審美目的の治療を専門に行っている美容外科クリニックがたくさんあります。脂肪吸引手術や脂肪溶解注射、超音波治療など、美容外科クリニックに行けば脂肪細胞の数を減らす特別な治療を受けることができます。

下着姿のレディー

効果的な減量法として

東京の美容クリニックでは、自分のペースに合わせてダイエット治療を選ぶことが出来ます。マシンや脂肪溶解注射などが、こういったダイエット治療の一例です。リバウンドを避けたい方は、クリニックの治療を受けた方が失敗が少なくなります。体質や習慣が変えられるのが、治療のメリットです。

野菜を持つ女性

都会だからこそ選択できる

東京にはたくさんの美容外科があるため、整形によってダイエットをすることも可能です。代表的なものは脂肪吸引が挙げられます。部位ごとに選べて人気です。また、太っている原因を知るためにも、カウンセリングに時間をかけることは大切です。

運動する人

クリニックの治療で痩せる

東京には、効果の高い痩身治療を行っている美容外科クリニックがたくさんあります。自己流ダイエットが一番安上がりなのは確かですが、逆に太ってしまったり健康を損ねてしまったりするおそれがあります。でも、美容外科クリニックに行けば、そのような心配をする必要がなくなります。